Arion SCH-1|初期Arionのヴィンテージコーラス!エグい揺れサウンドがたまらない

日本が誇る激安エフェクターの雄、「Arion」(アリオン)のSCH-1というコーラスをご紹介します。

現在でもArion製のSCH-Zというコーラスを見かけますが、本機はSCH-Zの前身モデルです。

ヴィンテージのArionはケースの色がグレイのものと現行物の同じく黒いものがありますが、お察しの通りグレイのものが初期と聞いています。

本機はもちろんグレイタイプです。

グレイタイプと黒いタイプでは若干回路が変更されているらしく、初期のものは揺れが激しく、もはやコーラスというよりはレスリー・スピーカーをシュミレートしているのではないかと錯覚するほどです。

後期の黒いタイプはそこを考慮してもう少し落ち着いたコーラスを目指して、現行品と似た傾向に落ち着いたようです。

とはいえ、グレイタイプ、黒いタイプでそこまで差はありません。黒いタイプでも設定次第でエグい揺れを作れます。管理人は昔使っていたのですが、誰かに盗まれてしまいました。許さん。というより、SCH-1だけ盗んだことを考えると、価値を知ってるプロの仕業ですね。

グレイタイプはオークションで安く最近手に入れました。

Arion SCH-1

マイケル・ランドウ氏も近年では現行品を改造したモデルを使ってますが、元々はSCH-1を愛用してました。かなり多くの数をコレクションしているそうです。

E.W.S社などで改造品が出ていますが、SCH-1のサウンドを狙った改造をしていることがほとんどです。

Arion SCH-1

今でも入手できますが、中々お高い値段がするBBD素子MN3102が贅沢に使われています。

TA75558Pは東芝製のオペアンプで、1980-83年ごろのTS-9に使われていたことで有名ですね。

Arion SCH-1

現行品のSCH-Zの中身を見たことある方ならわかりますが、大幅に部品配置、回路も違うようです。