BOSS SD-1|1980'sのヴィンテージSD-1!艶あり4558D搭載品です

BOSS SD-1

日本が誇る代表的なエフェクターブランド「BOSS」から現在までロングセラーを続ける定番オーバードライブ、SD-1(スーパーオーバードライブ)を紹介いたします。

SD-1は名機OD-1の後継機というか、兄弟機として製造され、回路的には後期のOD-1を改造したようなものです。結果として、更にIbanezからリリースされていたTUBE SCREAMERと回路が似ることになりました。

もしかしたらどちらかが先に考えて、、、?みたいなことがあるかもしれません。

本機は1981年ごろから販売が開始されたSD-1の中でもかなりレアな個体で、通常はJRC4558DDが使われていたはずの時期なのですが、JRC4558Dの艶ありが使用されていました。

BOSS SD-1

残念ながら本機は購入時点で故障し、ジャンクとして販売されていましたが管理人が見事に?修理し以降10年ほど使用しています。

今は、はんだ付けに自信ある方なのですが、当時はかなり下手くそでところどころ基盤のパターンを傷つけてしまっています、、、。

しかも当時はすぐに故障箇所が発見できず、色々取り外してソケット化で交換してはもとに戻してを繰り返して、大事なJRC4558Dもハンダとってしまってますね。

BOSS SD-1

痛々しい基盤裏、、、切断してしまったパターンはスズメッキ線でつないでいます。

BOSS SD-1

結局電解コンデンサが破裂寸前で、交換したら治りました。元の音はわかりませんが、若気の至りでオーディオ系の部品を使っているので、わりかし綺麗で優秀な歪みです。

セッションにはこれ一つ持っていけばどんなジャンルでも対応できる感じです。チューブアンプはもちろん、トランジスタ系のアンプに通してもチューブアンプさながらの温かいサウンドに早変わりします。

BOSS SD-1

疑惑のJRC4558D艶あり。ソケット化しているのでもとから付いていたと証明することはできませんが、良く見るJRC4558DD時期のSD-1はコンデンサが違うタイプ使われることが多いので、生産時期を含めて古いものかと思います。

配線もかなり贅沢にGeneral Electric社の1950年ごろのヴィンテージワイヤーを使ってます。

見た目も貫禄あって最高の相棒です。

現行品ってだめなの?

現行品が劣っているわけではなく、むしろ遠慮なく改造できるので、まずは買っておいて後々改造すると良いと思います。

BOSS Super OverDrive  SD-1

BOSS Super OverDrive SD-1

5,500円(11/14 22:37時点)
Amazonの情報を掲載しています

値段もこんなに下がったんですね。めちゃ安いのでおすすめです。

ワザクラフトってどうなの?

BOSS ボス Waza Craftシリーズ SUPER OverDrive SD-1W

BOSS ボス Waza Craftシリーズ SUPER OverDrive SD-1W

16,200円(11/15 10:51時点)
Amazonの情報を掲載しています
現行品のノーマルバージョンの3倍以上するお値段、、、。流石にそれだけの価値はあり、音像のリアルさはワザクラフトのほうがあった印象です。

でも、ブースターとして使うならそんなに変わりはないんじゃないかなぁといった印象です。

ヴィンテージSD-1

ワザクラフトSD-1W