MXR M-118 ANALOG DELAY|CCD素子使用の元祖アナログディレイ

ニール・ヤングさんの使用で有名なMXRの名機「Analog Delay M-118」です。当時定価10万円程度で販売されていた高級機種で、コンデンサもところどころマイカコンデンサ(雲母)というお高いものが使われています。

一般的なアナログディレイはBBDという素子を使いディレイサウンドを作っているのですが、本機はCCDというまた別の仕組みでディレイサウンドを作っています。

悪く言えばチープでディレイタイムもそこまで長くないのですが、長くしようとするとサイケデリックなサウンドに早変わりし、非常に面白いです。

MXR M-118

状態もかなり綺麗です。

MXR M-118

かなり気合の入った作り。電源も外部コンセントからしか直接取れない仕様です。12V程度で動いてるようです。

MXR M-118

文字が若干かすれてますが、Reticon社製のR5101が使われています。どうあがいても入手困難なので、壊れたらおしまいです。

結構壊れやすいので恐る恐る使用しています。

MXR M-118

当方が所有しているM-118は残念ながら4558オペアンプが取り外されていた状態で8000円で売られており、購入後自分でNECの4558を取り付けています。

オリジナルはテキサス・インスツルメンツ(たぶん)製のRC4558Pマレーシア産がつけられており、ヤフオクで一個5000円で販売されてたりするものなので、もしかしたらそれ目当てで外してしまったのかもしれませんね。もったいない。

RC4558Pはスティービー・レイ・ヴォーンさんが使用していたと言われるTS-808、TS-9についていたらしいです。