MXR Distortion+|元祖ディストーション歪みペダル!

mxr distortion+

ヴィンテージMXRの工業デザイン感が大好きな管理人です。本日はブロック時期のMXR Distortion+をご紹介します。

歪みエフェクターとしてはじめて「ディストーション」という呼称が使われた歴史的なモデルです。最初期のMXRはロゴが筆記体のいわゆるスクリプモデルになりますが、本機は80年ごろ製造のブロック時期のものです。

基本的に回路に違いはありませんが、製造年数によって抵抗の種類が違ったりします。

mxr distortion+

ランディ・ローズさんの使用が有名です。かなり歪むかと思いきや、そこまで歪むわけではなくオーバードライブとファズと中間といったサウンドです。

マーシャルアンプを通して爆音でかき鳴らすと艶のある野太い歪みを聞くことができます。

mxr distortion+

ヴィンテージ愛好家の皆様には大変申し訳無いのですが、若気の至りで改造してしまっています。改造というより、スクリプト期のMXRにあこがれて、抵抗をカーボンフィルム抵抗からアレンブラッドリーのソリッド抵抗に変更しております。

あとはスイッチが普通に調子が悪かったので3PDTのスイッチを使用してトゥルーバイパスにしています。

mxr distortion+

配線材もGeneral Electricのヴィンテージに変えてあってココらへんも若いなぁと感じます。そんなに変わりはありません。

ハードロックをやるにはもってこいかと思います。なかなかバンドで使う機会はなかったですが、初めて手に入れたヴィンテージエフェクターだけあってお気に入りの歪みです。