Noel Cornet Revu|ロシア製ビッグマフをイメージした超ハイクオリティファズペダルの決定版!

Noel Cornet Revu

昨日新宿の中古楽器屋さんで見つけてつい衝動買してしまいました。

有名ペダルビルダー集団「Leqtique」にも参加しているエフェクタービルダー、イワタさんによるブランド「Noel」(ノエル)のCornet Revu(コネット)というファズペダルをご紹介します。

最近のプロギタリストに非常に人気な本ペダルは、エレクトロハーモニクス社がロシアで製造していた時期のBIG MUFF(ビッグマフ)の回路を参考にし、非常にハイクオリティな部品選定と緻密で病的とも言える制作クオリティを持ってリリースされています。

兄弟機にCornetがあり、違いは名前からRevuが抜けていることと、内部の制作工程が違うことですね。

もしかしたら部品選定も若干違うのかもしれませんが、管理人は未入手で検証できていません。機会があれば手に入れたいですね。

サウンドはロシア期のビッグマフと同じく、非常に凶暴ですが、ハイクオリティなコンデンサや抵抗を使っているおかげか少しマイルドに感じます。

管理人の大好きなデヴィッド・ギルモアさんはアメリカメイドの初期ビッグマフを使用していますが、なぜか似たサウンドを持っているように感じます。

Noel Cornet Revu

ロシア期のビッグマフと比較している動画がYoutubeに上がっていますが、完全に同じ音というよりはリスペクトしつつ現代風に落ち着かせて更に使える音にしたといった印象です。

https://youtu.be/V-oEjPKJLzg LeqtiqueのビルダーShun Nokinaさんいわく、Noelのイワタさんは自分よりも手先が器用と認められてます。

個人的にShun Nokinaさんもかなり器用だと思っていたので、その上を行く人がいるんだなぁと衝撃です。

Noel Cornet Revu

管理人が所有しているのはシリアル44番。全部で何台あるのでしょうか? 私が所有しているLeqtique Maestosoはシリアル3000番台なので、部品数の多さや製造が難しいことを考えれば500台くらいは作られていると思うので、割と初期のものかもしれません。

ちなみにもう生産終了してるらしいです。

Noel Cornet Revu

衝撃的にうっとりする内部です。

新品で25,000円程度で販売されてましたが、普通に部品集めるだけで10,000円位かかるんじゃないでしょうか。そこまでは行かないか。

トランジスタも2N5133のヴィンテージが使われており、初期物のビッグマフと同じ仕様です。

1つだけメタル感の2N5133が使用されており、ここはこだわりなんでしょうかね。このタイプはまだ中国から安く買えるので、管理人も大量に所有しています。

18,000円程度で中古に出てれば買ったほうがいいですね。