Catalinbread Belle Epoch|伝説のエコーマシンEP-3サウンドを小型で再現したご機嫌なエコーマシン

Catalinbread Belle Epoch

新進気鋭の変態エフェクトペダルメーカー「Catalinbread」(カタリンブレッド)から、エコーマシン「Belle Epoch」(ベル・エポック)を紹介します。

クラシック・ロック全盛期、ミュージシャンがこぞって使用していた伝説のエコーマシン、マエストロEP-3をシュミレートしたペダルです。

ディレイとエコーの違いですが、エフェクトサイドにおいてはそんなに気にする差はないと個人的には思ってます。

Catalinbread Belle Epoch 【メーカー1年保証】

Catalinbread Belle Epoch 【メーカー1年保証】

36,762円(12/08 20:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

EP-3の正式名称はエコープレックスと良い、温かいエコーサウンドと野太いプリアンプが特徴のペダルでした。特にプリアンプは現在でも様々なメーカーがプリアンプ部分をブースターとして設計販売していたりするほど、人気です。

Belle EpochはEP-3のサウンドを変態的に忠実に再現することに成功しています。

Catalinbread Belle Epoch

コントロールは下記です。

ECHO SUSTAIN:エコーの長さの設定 MOD:独特な揺れの追加 REC LEVEL:エコー音の音量調整 MIX:エコーと原音の調整 ECHO DELAY:エコー回数の設定 REC LEVELの調節ができることが個人的にツボで、設定次第でほんとうにギターが泣いてるかのうような山彦が作れます。普通のディレイってこの設定なかったりするので便利ですよね。

Catalinbread Belle Epoch 【メーカー1年保証】

Catalinbread Belle Epoch 【メーカー1年保証】

36,762円(12/08 20:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

EP-3と同じ出力で、オール・ディスクリート・プリアンプで組み上げられており、ギターの信号はこのプリアンプだけを通ります。ディレイ・タイムもオリジナルEP-3と同じ80~800ms。EP-3と同じ使い方ができ、ショート・ディレイ・スラップバック・サウンドからブライアンメイの様にロング・ディレイを上手く使った多重奏的なプレイまでを再現できる、らしいです。

管理人はデヴィッド・ギルモアさんが好きなので、ファズと組み合わせて音作りをしてます。ギルモアはBINSON製のエコーを使用していたので、同じくCatalinbreadがシュミレートしてるモデルを使用したほうが良いのですが未入手です、、、。

Catalinbread Belle Epoch

中身開けるのが面倒で見れてないですが、おそらくPT2399系のICが使われているんじゃないかなぁと思ってます。時間があるときに解剖してみます。

Catalinbread Belle Epoch

エフェクトオフ時にバッファーとトゥルーバイパスを切り替えることができます。

管理人としてはバッファーをおすすめします。ロングディレイからオフにしたときに、バッファーを選択してればバチッとエコーが途切れることもなくなりますしね。

電源は電池は使用不可で外部電源のみなのですが、ディレイとしては珍しく18Vまで使っても言いそうです。管理人は試したことないですが、よりプリアンプが野太くなるように思います。

Catalinbread Belle Epoch 【メーカー1年保証】

Catalinbread Belle Epoch 【メーカー1年保証】

36,762円(12/08 20:40時点)
Amazonの情報を掲載しています