MAXON AD-80|ヴィンテージ後期型18V電源駆動の野太いアナログディレイ!

Maxon AD-80

MAXONブランドのキャラメルスイッチシリーズのヴィンテージアナログディレイ、「MAXON AD-80」のご紹介です。

現行品でもリイシューモデルが販売されていますが、本機は松下製のBBD素子が使われ、かつ18V電源でしか駆動できないことです。

電池駆動も可能ですが、9V電池を2つ直列でつなぐことで18Vを実現してます。

18Vで動作していることからサウンドは野太く、つまみをフル気味にするとディレイ音が揺れるほどです。

見た目も名機TS-808と同じキャメルスイッチ型の筐体ですので、Goodです。

Maxon AD-80

ヴィンテージAD-80には前期後期とあり、後期である本機は2.5mm端子の通常の9Vアダプターが使えるようになっています。でも18V入力しなくては動かないので、普通の9Vアダプターでは動きません。試したことないですが。

管理人は基本電池で動かしています。

Maxon AD-80

無理やり詰められた9V電池。かわいい。

Maxon AD-80

中身もかなりぎっしりです。松下製のMN3101やMN3005が見えますね。このへんは中々手に入りにくくなりました。

Maxon AD-80

実は本機は、つなぐと全体的にボリュームが下がるため、楽器屋さんのジャンクコーナーで4,000円で売られていました。

持ち帰るとたしかに壊れていましたが、電解コンデンサが一個破裂しかけていたのと、そのすぐ傍にあったTL022が怪しく、交換してみた所見事に直りました。

BBDが壊れてたら、部品取りに使おうと思っていたくらいなので、直ってよかったです。